毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

ビジネス・経済ジャンルでまだまだ推したい本!【12月5日】

ただいま更新が止まっております。年末にはまた更新予定です。
しばらく待って頂けると幸いです

電車をデザインする仕事 ななつ星九州新幹線はこうして生まれた! (新潮文庫)



著者の、水戸岡さんは、今は、名前の知れたデザイナーですが、以前は、無名でした。幼少期の経験が良く、Goodなテザイナーになられました。この本の評価は、星4個です。

道をひらく 正

道をひらく

道をひらく



この本を最初に読んだのは新入社員研修の時でした。会社の研修でこの本を渡され、熟読しましたが、感想は「ふ〜ん」でした。あまり印象に残っていないというか、当たり前の事しか言ってないので、あえて言うようなことなのか?意味が分からないなぁという感じです。

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる



深い議論はないです。しかし、深い議論を知っている人が書いた入門書だと思う。経営学がテーマにしていることがわかる。

経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバックス)

経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバックス)

経済数学の直観的方法 マクロ経済学編 (ブルーバックス)



ケインズ経済学に興味があったので、本書63ページ以下の「IS曲線の構造」前後のみ、ざっと読んでみた。率直なところ、とても分かりやすいと思った。



村上式シンプル英語勉強法 使える英語を、本気で身につける (日経ビジネス人文庫)



一番役立ったのは「読む」です。ペーパーバックの多読で苦戦していたのですが、とにかく読めばいいのだと思えて気が楽になりました。

決定版人工知能超入門 ビジネスパーソンのための ビジネスに役立つAI戦略満載



 本書は、世界に衝撃を与えたアルファ碁から始まり、若手AI学者の松尾氏、羽生名人の対談と最新AIを専門領域に踏み込みながら、優しく解説してくれる。 タイトル通り、サラリーマン向けの構成となっている。専門家には、内容は、薄いが、普通の人には、非常に勉強になる一冊である。

合格するための過去問題集日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)



この過去問集と、別のテキストを用いて簿記の勉強はしました。テキストでは簿記の全般に対しての知識をつけ、過去問では、実際のテストの雰囲気がわかります(王道パターンですね)。

生産性 マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの



長い時間かかっても、何も決まらなく消化不良な会議がたくさんある。そういった会議の生産性は低いのは直観的にわかる。

ウシジマくんvs.ホリエモン人生はカネじゃない!



映画化もしている人気漫画闇金ウシジマくん。興味あるけれど、なんか怖そうだし、アンハッピーエンドが多いと聞いて読むのに踏み出せない。そんな人に勧めたい一冊。

世界大地殻変動でどうなる日本経済 瀕死の欧州と米国、無理心中する中国と韓国

世界大地殻変動でどうなる日本経済

世界大地殻変動でどうなる日本経済



本書は、英国のEU離脱、そして米国大統領選のトランプ台頭から見えてくるグローバリズムの衰退を語り、世界情勢、経済の変化を予想。さて宮崎さんは、先日トランプが次期大統領と決まったとたん下落し始めた株価について、当日いちはやく間髪入れず「すぐに、株価は戻りますよ」と、ネットで断言した。そして、なんとその通り一日で株価復活の動きになったのであった。

中原圭介の経済はこう動く 2017年版

中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕

中原圭介の経済はこう動く〔2017年版〕



金融緩和に頼る円安を柱とするアベノミクスは、実質賃金が下がって消費が冷え込むことが、政権をかこむ学者にわかっていなかったことから、ポール・クルーグマンの「インフレ期待」という理論を信じ込んでしまったことで、「経済が成長する結果として物価が上がる」というセオリーを、「物価が上がることによって、景気がよくなったり生活が豊かになったりする」という考えで進められてしまった。実際の経済では、インフレが実質賃金の上昇よりも先に来てはいけないということで、クルーグマン自身が2016年になって、「金融政策ではほとんど効果が認められない」と自説を修正している。

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版



20歳の時に初めてこの本を読み、はや30年が経過しました。その当時、読み終わった後に目次を全て手書きでメモ帳へ転記し、いまでもずっと財布の中へ入れ持ち歩いています。何かしらの時にそれを読み返して自己反省しています。

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)



前書きで示されている上司の素朴な質問は本を読み返すときに自分はどんなことを学んだのか、相手に合わせてどんな回答を考えればよいのかに役立つ。フィンテックに関連するさまざまな法改正の取り組みがあるので、復習のための質問をつけ加えるなら「こんなすばらしいサービスが今まで実現できなかったのはなぜだろうか?」を挙げる。このような質問は「20ドルテスト」と呼ぶ。

スッキリとける日商簿記3級過去+予想問題集 16年度版 (スッキリとけるシリーズ)

スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2016年度 (スッキリわかるシリーズ)

スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2016年度 (スッキリわかるシリーズ)



先週試験受けて結果待ちです練習問題一通りやったので、おかけさまで合格できそうです。

211年の歴史が生んだピクテ式投資セオリー

211年の歴史が生んだ ピクテ式投資セオリー

211年の歴史が生んだ ピクテ式投資セオリー

金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 改訂版

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)



もうかれこれ10年以上前の初版時に購入しましたが不労所得を得るという考え方はいいですよ。我々、日本人はいい学校行っていい会社に就職することと教えられたものです。当時、サラリーマンでしたので衝撃が走ったのを覚えています。