読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

7月20日のコミックの人気書籍!

コミック 2016年7月 人気書籍

ONE PIECE 巻82 ざわつく世界 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 82 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 82 (ジャンプコミックス)



長編のドレスローザ編が終わって話がどんどん動き出してる「ONE PIECE」。魅力的な新キャラ、次々に明かされる謎など見所満載です。

ちはやふる 32 (BE LOVE KC)

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)



後悔しても、もう遅い。いまさら来ても、もう遅い。こうしていればよかった。

マギ 30 (少年サンデーコミックス)

マギ 30 (少年サンデーコミックス)

マギ 30 (少年サンデーコミックス)



「でも、せっかく生きてるんだもんな。どんな時代でも…自分のことを好きになって、胸を張って生きたいよな。」。

暗殺教室 21 ありがとうの時間 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)

暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)



まずは作者の松井先生に一言、こんなにも素晴らしい作品を本当にありがとうございました。涙あり笑いあり、そして深く考えされられるストーリー、ネウロも大好きですが暗殺教室も大好きです。

はんだくん 6 (ガンガンコミックス)



本編はこの巻で終わり、あと番外編的な7巻が出るようです。6巻は1冊まるまる文化祭のお話です。個人的には今までで一番笑えた巻です。

ハイキュー!! 22 陸vs空 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 22 (ジャンプコミックス)



春高出場、東京都代表を決める大会の話なので、主人公校の烏野から少し離れます。夏合宿でも出てきた梟谷と音駒がメインになります。

MAJOR 2nd 5 (少年サンデーコミックス)



いずれ父のようにメジャーリーグ編にもなる日がくるかもですが個人的に前作も高校編あたりまでが自分のなかでピークだったので、できれば続編は小学~中学をゆったり丁寧に描いてほしいなと思います。キン肉マンさながらの色々な人の息子や娘が今後登場していくまさに二世編なんですが、そろそろ大河おじさん(笑)もだしてほしいなぁ・・・。

FAIRY TAIL 56 (講談社コミックスマガジン SHONEN MAGAZINE COMICS)

FAIRY TAIL(56) (講談社コミックス)

FAIRY TAIL(56) (講談社コミックス)



帯に、「最終」「最後」という言葉が目立ちますね。フェアリーテイルは、もっともっと続くことを願います。

青の祓魔師 17 (ジャンプコミックス)

青の祓魔師 17 (ジャンプコミックス)

青の祓魔師 17 (ジャンプコミックス)



半年に1巻しか出ないので楽しみにしてました。シュラとシロウの思い出エピソードがドン引きするシーンありました、シュラが積極的すぎてキモイ。次の巻が出るのは来年か・・・・。

春待つ僕ら 5 (デザート)

春待つ僕ら(5) (KC デザート)

春待つ僕ら(5) (KC デザート)



それぞれのキャラが最高。おもしろすぎる♪♪ 人気で雑誌掲載のページ数が増えたわりには、次巻の発売予定が早くなってない気が…待ちきれませ~ん。

食戟のソーマ 19 頂を目指す者 (ジャンプコミックス)



前巻から引き続き、セントラル楠VS黒木場の食戟から始まります。双方の試食で意外な人物がおはだけを披露してくれます。最近は男ばかりがはだける展開が多かったので、ソーマらしいお色気リアクションが久々に見られ、原点に立ち返った感じがします。

黒崎くんの言いなりになんてならない 7 (別冊フレンド)



寮でのお泊り会の後、学校は文化祭の準備に入ります。この間、黒と由宇を観察していた芽衣子は、両者のお互いへの友情とは異なる好意を疑い始めます。そして由宇の黒への気持ちを本人に確認した彼女は、親友が自分たちの友情を脆く見ていたことに傷つき、二人の間は少しの間だけ気まずくなってしまいます。

甘々と稲妻 7 (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンKC)



美味しそうな料理、複雑な人間関係、子供の成長。とても面白い漫画です。次刊も楽しみです。

ノラガミ 17 (月刊少年マガジン)



戦好きの属性を持って産まれたタケミカヅチ。その過去が判明。それにしても、「武神ってすぐに荒ぶっちゃう荒御魂だから厄介なんですよねぇ…」なんて神器の愚痴がそこかしこから聞こえてきそうな巻でした。

双亡亭壊すべし 1 (少年サンデーコミックス)



タイトルを最初見た時は「何でこんなおかしなタイトルにしたんだろう?」と思ったものですが、読み終わればもう「双亡亭壊すべし。」としか思えなくなってしまいました。内容を簡単に説明すると、双亡亭という立ち入った人間を軒並み殺しまくる超ヤバい屋敷があって、それに関わった人間が軒並み双亡亭絶対壊すマンに変貌してしまう物語です。

BLEACH 73 BATTLEFIELD BURNING (ジャンプコミックス)



破面篇や消失篇で読むの止めたけど、BLEACHは好きだよって読者の皆さん。ここです。

あまんちゅ! 10 (BLADE COMICS)

あまんちゅ!  10 (BLADE COMICS)

あまんちゅ! 10 (BLADE COMICS)



今刊はてこ・ぴかりが進級し後輩ができました二人の雰囲気も大人っぽくなり特にぴかりは髪型のせいか女の子(失礼)らしさが増しましたお婆様の若い頃はお美しく(失礼)いつかじい様との出逢いが見たいなと…そしてあの子が男で弟だったのも衝撃でしたが一番はてこの成長っぷりですまさに「先生いい事いった。」ですアニメも良いですね。

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 16 (ジャンプコミックス)



自らの名前が入った賞が作られるなど勢いが留まるところを知らないエロラブコメ最新巻。(詳しくは矢吹健太朗賞で検索)前巻でリトに憑依して文字通り一心同体となり、他のヒロインには無い唯一無二の武器を手に入れたネメシス。ドSで悪戯好きな彼女とリトの超能力(笑)が合わさりこの巻はいつも以上に大変なことになってます。

暗殺教室公式イラストファンブック卒業アルバムの時間 (ジャンプコミックス)



生徒達一人一人の進路がしっかりと描かれていて良かったと思います ただラスト2話で物議になっている所をはじめ、この漫画は抽象的というか読者の想像任せという所がいくつか見受けられ作者が意図している事が読者に伝わりきっていないのが課題だと思います(個人的には茅野の恋の話をもう少し踏み込んだ所まで描いて欲しかったですw)。

海王ダンテ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)



ナンダコレ?な能力が出てきたりしますが話自体が面白く、グイグイ引き込まれてあっという間に読んでしまいました。1巻で切り良い部分まで終わるのですがもっと1巻の舞台で読みたいと思わせる程好みだったので2巻以降、自分の中の盛り上がりが失速しないか心配ではあります。

思い、思われ、ふり、ふられ 3 (マーガレットコミックス)



作者買いで3巻目。ままならない恋のかんじに、キュンキュンしました。やっぱり咲坂先生の恋愛描写は秀逸です。