毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

8月3日のコミックはこちらもオススメ!

UQ HOLDER! 11 (週刊少年マガジン)

UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)

UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)



ブコメ展開になってなんか安定してきた。この作者の得意ジャンルはちょいエロなハーレムラブコメなんだから、やっぱこの路線が一番面白いものが書けそう。今巻から一気に前作「ネギま」の語られなかった話の核心へ。

海王ダンテ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)



究極のガンアクション『ピースメーカー』と入れ替わるように始まったのは、実在の人物っぽい名前が出て来る虚実ないまぜの海洋冒険モノです。大作・傑作の予感しかしません。氏の過去の代表作『スプリガン』にいたのと同じ姓のキャラが登場しますが、お遊びなのか伏線なのか、いささか気になるところです。

異世界居酒屋「のぶ」 2 (角川コミックス・エース)

異世界居酒屋「のぶ」 (2) (カドカワコミックス・エース)

異世界居酒屋「のぶ」 (2) (カドカワコミックス・エース)



1巻に引き続き引き込まれます。一気に読み終わり早く続きが読みたいです。

空母いぶき 4 (ビッグコミックス)



前巻から持ち越しの潜水艦対戦に続き、いよいよ航空戦が始まる第4巻。ネタバレはできないので詳述できないのが残念ですが、手に汗を握った一巻でした。170頁や184頁、192頁では、思わず心の中で快哉を叫んでしまいましたね。

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)



とても丁寧にお話が進んでいく印象です。読んでいると優しい気持ちになりますね。しかし、悟郎さんたまりません。

闇金ウシジマくん 37 (ビッグコミックス)



前巻あんだけ騒がせた滑川先輩が出てこないっす。もう完全にフラグ♪。

刃牙道 12 (少年チャンピオン・コミックス)



今まで登場した強敵たちが次々と宮本武蔵にやられていく様な流れがなんかちょっと・・・・。ピクルが登場した時もドキドキしながら読んでたのに、簡単に負けりしたら何か悲しい・・(まだ戦いは始まったばかりですが)。

僕のヒーローアカデミア 4 全てを持って生まれた男の子 (ジャンプコミックス)



私は週刊少年ジャンプを毎週買って読んでいる者です。この作品に出会ったのは2014年32号、新連載が始まるということで、必ず1話目を見るわけではないのですが、この作品はまず、表紙の絵に惹かれました。そこで、何か面白そうだなと思い、ワクワクする中1話目を読んでいくと…見事にどハマりしてしまいました。

おとりよせ王子飯田好実 7 (ゼノンコミックス)



月刊コミックゼノン定期連載の最終巻、、、いろいろなお取り寄せとそれにまつわるストーリーで毎回楽しみでした。また連載が始まること期待しま~す。

僕のヒーローアカデミア 6 蠢く (ジャンプコミックス)



体育祭のように生徒同士競い合うのも面白いのですが個人的にはヴィランとの闘いのほうが緊張感があってより好きです。特に6巻は話がどう転ぶかわからず、本誌で読んでいた時は毎週毎週気になって仕方ありませんでした。

僕のヒーローアカデミア 5 轟焦凍:オリジン (ジャンプコミックス)



私は週刊少年ジャンプを毎週買って読んでいる者です。この作品に出会ったのは2014年32号、新連載が始まるということで、必ず1話目を見るわけではないのですが、この作品はまず、表紙の絵に惹かれました。そこで、何か面白そうだなと思い、ワクワクする中1話目を読んでいくと…見事にどハマりしてしまいました。

僕のヒーローアカデミア 7 爆豪勝己:オリジン (ジャンプコミックス)



加筆・おまけページ共に最高だった。毎週ジャンプで読んでる僕でも楽しめました。

多重人格探偵サイコ 24 (角川コミックス・エース)



最後の「踊ろうぜ」は私やあなたに送ったメッセージと・・・思いたいw。長く最後をまった作品の1つでした。最後までありがとう。

僕のヒーローアカデミア 8 八百万:ライジング (ジャンプコミックス)



デクや爆豪、轟ばかり出て砂藤や障子が全然出てこないからヴィランと戦う前に出して欲しいですね。

リアルアカウント 10 (週刊少年マガジン)

リアルアカウント(10) (講談社コミックス)

リアルアカウント(10) (講談社コミックス)



『1巻からはじまったデスゲームがこの巻でクリアーとなります。そして、第2のゲームがスタート。濃い登場キャラが増えて、面白さが倍増ですね〜。

もののべ古書店怪奇譚 2 (MGC Beat's SERIES)



5話は強欲眼鏡が、6話には天然女子が、7話は長めの話だけあって注目する登場人物が複数います。醜い自分を嫌い他人を嫌い全てを恨んでいるお嬢様、そんな姉をバケモノだと嘲り見下す妹。ところがこの妹が曲者で、普通こういう場合は妹は美人に描かれるものですが正直この妹はブスです。