毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

8月9日の新書はこちらもオススメ!

南朝研究の最前線 ここまでわかった「建武政権」から後南朝まで (歴史新書y)

南朝研究の最前線 (歴史新書y)

南朝研究の最前線 (歴史新書y)



書店で見かけ、早速購入しました。南北朝時代については、様々な見方があり決して一辺倒なそれではありません。歴史学習者として、初めて聞くことも、知ることもあり、勉強になりました。

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)



本書の趣旨は、感情はとても大切、だからいっそう理性への意志が重要だ、ということだと思う。「感情はダメで理性は良い」、そんな紋切型の議論ではなく、感情の豊かなで良い側面を活かすためにこそ、①感情の負の側面をしっかり見据えること、②理性への意志の不甲斐なさにも無自覚にならないでおくことの指摘は、「なるほど」と思わされた。

大往生 (岩波新書 新赤版)

大往生 (岩波新書)

大往生 (岩波新書)



最初の三章の老い、病い、死は、庶民や病院関係者(医師、看護婦、患者など)の口からでた様々な一言が集まってできている。それぞれがみじかく非常に読みやすい。素朴なコトバで語られているが、実感がこもっており深い。

伝える力 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)



ニュースを分かりやすく解説することで有名な池上さんの著書です。本書はビジネス書ですが、「話す」「書く」「聞く」といったコミュニケーションは誰にとっても必要なものですよね。誰もが行っているコミュニケーションについて見直す上で、とても参考になりました。

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)



この本の中心となるテーマは「自尊心をどう高めるか」になっている。その通りに書かれている言葉がどれも前向きで自尊心を高めるもので、ちょっと自分が何かに失敗したり、気持ちが落ち込んでいるときに自分を励ますのにちょうどいい言葉がたくさん書かれている。例えば、わたしが励みになった言葉では、人になにか嫌なことをいわれたとき、「相手を不愉快にさせる人」に関して書かれている項目がある。

ヴェネツィア 美の都の一千年 (岩波新書 新赤版)

ヴェネツィア――美の都の一千年 (岩波新書)

ヴェネツィア――美の都の一千年 (岩波新書)



楽しく拝見させて頂きました。大変満足しています。勉強になりました。

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)



普段、経済・法律の本や、いわゆるビジネス書を読むことが多いためか、この本には目から鱗が落ちる思いがしました。「若者が減ったからスキー人口が減ったのではない。

昭和史講義 2 専門研究者が見る戦争への道 (ちくま新書)



大正期の軍縮の時代から、占領期までを20本の論文で個別テーマを追いかけて行く。編者は、この第2巻だけでも独立して読めるが、第1巻と併読してほしいと前書きで述べている。

ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」 (講談社+α新書)



エディ・ジョーンズのドキュメンタリーを見ていた時、一人の女性が選手に度々アドバイスしている場面があった。日本のスポーツ界でこういうのを見たのは初めてであり驚いた。一体、何ものであろうかということである。

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)



著名な戦略家ルトワックへの6回にわたる連続インタビューをもとに作られた本である。中国の平和的台頭すなわち国際秩序を尊重しつつ発展する政策をChina1。0とするならば、2009年以降突如として攻撃的な態度に変貌した政策をChina2。

物流ビジネス最前線 ネット通販、宅配便、ラストマイルの攻防 (光文社新書)

物流ビジネス最前線 (光文社新書)

物流ビジネス最前線 (光文社新書)



筆者は『まえがき』で、かつて企業組織の中で物流部は、華々しさからはほど遠い、人事の「吹き溜まり」の部門であり、とりあえず必要な機能を満たしていればそれでよい経営戦略的に重要な部門ではなかったが、いまは「物流を制するものがビジネスを制する」といわれるほど、その動向に注目が集まっているとし、本書では、その現代の物流の実態と課題について論じていきたいとしている。 。筆者はまず第一章から第四章までで、現代の先端を走る成長ビジネスであるネット通販の現場で、物流がいかに重要な役割を担い、ネット通販ビジネスの生命線になっているかを論じたうえで、その物流の二つの重要な機能である「物流センター」と「ラストマイル((以下略。

元老 近代日本の真の指導者たち (中公新書)



 憲法上の規定には存在しない組織ではありますが、国家の重要課題とりわけ次期首相推薦について陛下のご下問に奉答する存在だった元老山県有朋のおかげで悪く言われることもありますが、日本が近代国家として発展していく上では、その存在が(本の前半では)必要であったのです。 伊藤博文は日本をイギリス型の政党政治の国にすべく、将来的に元老のような存在は枢密院に移そうと考えていましたが暗殺されてしまい、山県有朋は政党嫌いで元老としての存在感をフル活用し大正天皇すら蔑ろにするような一面もみせます。

大人はもっと遊びなさい 仕事と人生を変えるオフタイムの過ごし方 (PHPビジネス新書)



仕事だけの人生は、つまらない。遊びが、人生の良薬である事を教えてくれる良書です。

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)

語彙力を鍛える 量と質を高めるトレーニング (光文社新書)



私の仕事では語彙力は必須である。しかし、仕事を始めてから使える語彙の不足を感じ、新聞を熟読するようになった。そのおかげか、最近は思いつく表現や単語が増え、自然な日本語を書けるようになってきたと思う。

学校が教えないほんとうの政治の話 (ちくまプリマー新書)



「政治に中立はありえない」という著者の立場からすれば、体制派でも反体制派でもない今日の無党派層は、自動的に「ゆる体制派」となり、現今の政治秩序に与することにしかならない。著者は、そうした「ゆる体制派」に党派性をもつことを促す。ひいきのチーム(政党)が見つかれば、もっと選挙が楽しくなり、政治にも関心が湧く。

組織の掟 (新潮新書)

組織の掟 (新潮新書)

組織の掟 (新潮新書)



祝ベストセラー1位達成。 本 > ビジネス・経済 > ビジネス実用 > ビジネスライフ部門トップ。