毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

8月20日のコミックの人気書籍!

進撃の巨人 20 (講談社コミックスマガジン Shonen Magazine Comics)

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)



ネタバレが含まれます。この巻では特に、兵士長と戦士長の戦いに鳥肌が立ちました。

ダンジョン飯 3 (BEAM COMIX)



今回のモンスターは水棲系海産物料理…と捉えるべきでしょうか内容は皆さんのレビューの通り面白い。だがそれ以上にスゴイのはモンスターの料理にの仕方に納得している自分自身がいるという事実1巻の頃は正直、マルシルやチルチャックのようにええ〜これを食べるの?とゲテモノ目線を面白可笑しく読んでいましたが現在ではなるほど、このモンスターならこの料理アリだよね、美味しそうだと世界観に完全に慣れている自分がいます(笑)。それだけの説得力とストーリー設定の深みそして読みやすい絵と構成力のあるダンジョン飯3巻です。

BORUTO-ボルト- 巻ノ1 NARUTO NEXT GENERATIONS うずまきボルト!! (ジャンプコミックス)



漫画を担当されている池本幹雄先生は、「ナルト」の原作者の岸本先生のアシスタントをされていた方のようです。絵が繊細で、とても素敵です。サラダの服のデザインもgood。

監獄学園 22 (ヤングマガジン)



 監獄学園、アマゾンレビューでは参考になったレビューが尽く☆1なのでよっぽどつまんなくなっちゃったのかな~と思って、少し買う気が失せていたのだが、買って読んでみた限りでは、そこまで品質の劣化は感じなかった。 人気作品が長期化し読者が増えることで、どうしても自分達の意見を押し付けたい人が出てくるし、匿名で批判できるネットではやはり集団リンチ的な悪口の方が流行るのだろうか。 例えば長文ゲームレビューみたいに、『そのゲームが酷いところ』が明らかに示されていればまだ分かるのだろうけれど、マンガの批判文っていうのは大抵短文で、『じゃあどこかどう酷いんだよ』というのが分からない。

赤髪の白雪姫 16 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 16 (花とゆめCOMICS)

赤髪の白雪姫 16 (花とゆめCOMICS)



生きていくって恋だけじゃないです。仕事を通じて自分らしくなっていく。白雪とリュウはリリアスの薬室で、毒無しで光り咲くオリンマリスの研究はもちろん、厄介な流行風邪への対処にも就くし、いろいろ身に着けて一人前になっていきます。

銀魂 第65巻 兄妹 (ジャンプコミックス)



1巻丸々シリアスです。バトルシーンばかりなのでサクッと読めます。夜兎のみなさまはとにかく、地球人のみなさまも引けを取らず強いので毎回こんな戦える地球人いないだろ…と心の中でツッコミながら読んでます。

プラチナエンド 3 (ジャンプコミックス)



六階堂が出てきて、話が一気に動き出しました。やっと解った敵の目的にも納得できます。このスピード感をせめて1・2巻で出してくれればもっと良かった。

がっこうぐらし! 8 (MANGA TIME KR COMICS)



続きが気になる・・・早く9巻出して。コミケに向かうバスでDLしながら読んで思った。

ニセコイ 24 ホシフルヨルニ (ジャンプコミックス)

ニセコイ 24 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 24 (ジャンプコミックス)



終わりそう。楽の母親登場。それもみんな同級生。

7SEEDS 32 (flowersフラワーコミックスα)

7SEEDS 32 (フラワーコミックスアルファ)

7SEEDS 32 (フラワーコミックスアルファ)



始めはうじうじしててはっきりせず苦手なキャラだったナツですが、蝉丸やまつりとの絆とか大事な人ができたことで考えるよりも先に体が動くなったようになり少しずつ成長してきている感じが非常に読んでいて共感できます。そして、蝉丸との関係があんなふうになるとは思わなかったので、あゆと荒巻さんとの関係とともに気になる存在となってきました。

ぐらんぶる 6 (アフタヌーン)

ぐらんぶる(6) (アフタヌーンKC)

ぐらんぶる(6) (アフタヌーンKC)



文句なし最高だぜいやマジで嫌なこと忘れるかなりいいよこれはね。

進撃の巨人LOST GIRLS 2 (週刊少年マガジン)

進撃の巨人 LOST GIRLS(2) (講談社コミックス)

進撃の巨人 LOST GIRLS(2) (講談社コミックス)



現在においては、「立体機動」という非現実的なテクノロジーを合理化させたのが、「begfore the foll」。こちらには、飛行機という選択肢があったことを正当化している。スピンオフだが、流行のループものというでは?という本編のサブテキストとして参考になった。

中間管理録トネガワ 3 (ヤングマガジン)

中間管理録トネガワ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

中間管理録トネガワ(3) (ヤンマガKCスペシャル)



表紙の二人の疾走感と笑顔でもう笑えます。1巻から読み続けています、カイジはほとんどヤンマガのポーカーしか読んでませんが、こちら(トネガワ)はめちゃくちゃ面白いです。

トリコ 40 あの涙は!! (ジャンプコミックス)

トリコ 40 (ジャンプコミックス)

トリコ 40 (ジャンプコミックス)



ラストパートでついにGODもでてきたけど話はすごく面白いのに前回よりはしょり具合が大きくなってるのが残念かな特に鬼貝とニュース アース アトムかな鬼貝以外ほぼノータッチみたいな物もあるしもうすこしじっくり書いてもらいたかったけど面白かったです。

ブラッククローバー 7 魔法騎士団団長会議 (ジャンプコミックス)



確かに二番煎じ的な所は見受けられるが原作付き同人誌漫画に比べば十分、例えを挙げればなんとか戦記、なんとかスピリッツです真なんとかvsなんとか大将軍など列挙したら切りがないブラッククローバーは十分読み応えは、有ります。