毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

8月28日のコミックはこちらもオススメ!

UQ HOLDER! 11 (週刊少年マガジン)

UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)

UQ HOLDER!(11) (講談社コミックス)



ブコメ展開になってなんか安定してきた。この作者の得意ジャンルはちょいエロなハーレムラブコメなんだから、やっぱこの路線が一番面白いものが書けそう。今巻から一気に前作「ネギま」の語られなかった話の核心へ。

海王ダンテ 1 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)



ナンダコレ?な能力が出てきたりしますが話自体が面白く、グイグイ引き込まれてあっという間に読んでしまいました。1巻で切り良い部分まで終わるのですがもっと1巻の舞台で読みたいと思わせる程好みだったので2巻以降、自分の中の盛り上がりが失速しないか心配ではあります。

異世界居酒屋「のぶ」 2 (角川コミックス・エース)

異世界居酒屋「のぶ」 (2) (カドカワコミックス・エース)

異世界居酒屋「のぶ」 (2) (カドカワコミックス・エース)



キャラが可愛いし、料理も美味しそうで好きです。ビール飲みたくなります。

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 4 (マーガレットコミックス)



主人公のふみも良く出来た健気な女の子で可愛いけどやっぱり暁先生がたまらく好き。鋭い目つきにゾクッとするし、時代がかった口調や不器用さにもキュンときます。前巻で先生がふみを抱きしめたのは、今のところはまだ同情心というか保護者的な感覚という気もするけれどそれでも相手は紛れもなく女子なわけで、先生が自分の行動に戸惑うのも解ります。



闇金ウシジマくん 37 (ビッグコミックス)



逃亡者くん6話から15話を収録。クライマックスに近いが完結はしていません。

刃牙道 12 (少年チャンピオン・コミックス)



今まで登場した強敵たちが次々と宮本武蔵にやられていく様な流れがなんかちょっと・・・・。ピクルが登場した時もドキドキしながら読んでたのに、簡単に負けりしたら何か悲しい・・(まだ戦いは始まったばかりですが)。

僕のヒーローアカデミア 4 全てを持って生まれた男の子 (ジャンプコミックス)



3巻とはうってかわって今回は学校内イベントでした。この巻ではいままでみれなかった生徒達の話や個性などがたくさん知れるお話が多いです生徒VS生徒ならではのライバル争いに3巻の時のVSヴィランとはまた違った熱い戦いが見れてとても満足しました。巻を重ねるごとに面白くなってきているので、とてもおすすめです。

おとりよせ王子飯田好実 7 (ゼノンコミックス)



主人公は俗に言う「コミュ障」 人付き合い嫌い。でも美味しいお取り寄せFood前にすると、饒舌になっちゃう。お前、誰に向かって喋ってるの?感がいい感じに商品説明にもなって、人付き合い嫌いという主人公の日常が「お取り寄せ」の「ぼっち飯」というシチュエーションを自然にさせて、コミュ障気味の主人公が気持ち悪いというレビューも多いですが、設定としては「うまいな」と素直に感心しました。

僕のヒーローアカデミア 6 蠢く (ジャンプコミックス)



体育祭のように生徒同士競い合うのも面白いのですが個人的にはヴィランとの闘いのほうが緊張感があってより好きです。特に6巻は話がどう転ぶかわからず、本誌で読んでいた時は毎週毎週気になって仕方ありませんでした。

僕のヒーローアカデミア 5 轟焦凍:オリジン (ジャンプコミックス)



生まれが良い故に悩みを抱えてきた轟にデクの一言が刺さります。体育祭編でよりキャラに深みが出てきたような気がしますね。これから先が楽しみでなりません。

僕のヒーローアカデミア 7 爆豪勝己:オリジン (ジャンプコミックス)



ページ数自体は通常のコミック1冊分なのですが、話のボリューム?密度?うまく言い表せないですが読み終えた後の満足感がものすごくありました。特に今巻はヒーロー殺しとの戦闘決着から彼の狂ったまでの思想、人物像が深く表現されていてこの漫画は単にヒーロー全肯定な作品ではないのだと強く思わされました。作者おまけページによると敵キャラは「親しまれてはいけない」とのことでしたが、正直個人的にステイン(ヒーロー殺し)は、この作品の中でもトップクラスに魅力を感じるキャラでした。

多重人格探偵サイコ 24 (角川コミックス・エース)



まず第一にやっと終わった…。田島先生長々とお疲れ様でした他の方も仰っておられるように 渡久地の死までは本当に純粋に面白かったですしかし磨知や美和が只の登場人物ではなく物語の核心に関わってきた頃から雲行きが怪しくなり始め 渡久地の死後 弖虎が関わってきてからは本当に中身が薄っぺらな なんだかひたすらオナニーに付き合わされてる気分で 惰性で読んできました。※以下 本巻のネタバレ含みます。

僕のヒーローアカデミア 8 八百万:ライジング (ジャンプコミックス)



私は週刊少年ジャンプを毎週買って読んでいる者です。この作品に出会ったのは2014年32号、新連載が始まるということで、必ず1話目を見るわけではないのですが、この作品はまず、表紙の絵に惹かれました。そこで、何か面白そうだなと思い、ワクワクする中1話目を読んでいくと…見事にどハマりしてしまいました。

リアルアカウント 10 (週刊少年マガジン)

リアルアカウント(10) (講談社コミックス)

リアルアカウント(10) (講談社コミックス)



『1巻からはじまったデスゲームがこの巻でクリアーとなります。そして、第2のゲームがスタート。濃い登場キャラが増えて、面白さが倍増ですね〜。

もののべ古書店怪奇譚 2 (MGC Beat's SERIES)



1話1話完結の話をつづけて、少しずつ物語が進むと思ったら、思ったより割と早く話が進みました。サクサクしてて良いと思います✨。1巻を表紙買いしてとても面白く、2巻にとても期待していました。

すみっコぐらし このままでいいんです

すみっコぐらし このままでいいんです

すみっコぐらし このままでいいんです



春夏秋冬、それぞれの季節をすみっコ達なりに楽しんでいる姿がとても可愛いです。中には、ほろりとするお話も。