読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

9月26日のコンピューター・ITの人気書籍!

コンピューター・IT 2016年9月 人気書籍

<インターネット>の次に来るもの 未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則



こんにちは、古舘 健です。将来予測って好きですか?。

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)



日本では、金融ビジネスに携わる人を除いて、よく知らないのではないでしょうか。私は、日経新聞を読むと何度となく登場するフィンテックの概要を知りたいと思う矢先、書店でこの本が目に飛び込み、迷うことなく購入しました。

第四次産業革命 ロボット、AIであなたの生活、仕事はこう変わる (ワニブックス|PLUS|新書)

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)



引き継ぎゼロ、手に入る情報は非常に限定、一部に誤りのある情報が混入。そんななかで 試行錯誤しつつ 現場になんども足を運ぶ。そのプロセスと似た話が多く、参考になる。



ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装



PyCon 2016の先行発売で購入しました。8-10月に集中的に深層学習の本が次々と発売される中、フレームワークを用いずに、深層学習のエッセンスを理解できる良書だと思います。理論面とコードによる実装のバランスが良く、また図解もわかりやすく、スラスラと読み進められました。

超速パソコン仕事術 仕事が速い人ほどマウスを使わない!

仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術

仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術



パソコンを多用する仕事場にいる全国のオヤジ様へこの本に紹介されている業を使えば、かなり速くシゴトができる可能性を期待できます。

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書



非常に読みやすい書籍でした。電車の通勤時間を利用して読ませていただきました。Excelの初心者向けの内容で、初心者が引っ掛かる場所を重点的に解説してくれています。

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール 資料作成の教科書!! 非デザイナー必携・必読 増補改訂版



会社の資料作成に役立つ本を探していました。とてもわかりやすく、今まで自分がわかりやすいんだろうと思ってたことが、間違ってることに気づきました。もっと早く知りたかったです。

ビッグデータ人工知能 可能性と罠を見極める (中公新書)



新聞やメディアで眼にしない日はない程のブームになりつつある、ビッグデータ人工知能であるが、「AI狂騒から離れて」と帯にある通り、一歩引いて考える視点を提供してくれる。筆者は理系のコンピュータ工学研究者としてキャリアを始めるも、キリスト教ユダヤ教という一神教的な理想主義と宇宙観に基づく西洋的コンピュータ研究に危うさを感じたことから、情報社会や情報文化を論じる文系の学者になったとされる。

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書 科学)

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書)



本書は、マクロ経済学者が書いた、「人工知能」の進化によって発生するであろう雇用問題を睨んだ「経済の未来」と云える。人工知能は現時点で人間の総合的な能力を凌駕するレベルには至っていないものの、今後20~30年でその関係がどのようになって行くかについては専門家の間でも議論があり、経済についてもそれ以上に様々な考え方がある領域であることから、本書で述べられている内容については様々な評価があることは想像に難くない。その前提で、人工知能の進化が及ぼす雇用に対する影響とそれがもたらす近未来の経済の姿を考える上で、本書から得るものは多い。

シリコンバレーアルゴリズム革命の衝撃 Fintech,IoT,Cloud Computing,AI…アメリカで起きていること、これから日本で起きること



クラウドビッグデータ・IoT (Internet of Things)・Fintech・AI (Artificial Intelligence)。最近では、日本でもこれらの言葉を目にしない日はありませんが、表面的な理解だけで本質を見落としてしまうと、近い将来起こるであろう大きな流れに取り残されてしまうかもしれません。

MOS Microsoft Excel 2013対策テキスト&問題集 Microsoft Office Specialist 改訂版 (FOM出版のみどりの本 よくわかるマスター)



今までExcelは他人が作成したマクロに数値を入力するだけ、それ以前にマクロや関数といわれても何の事だかわからない、というレベルからのスタートでしたが、無事合格しました。一応たまたま図書館にExcel2013の本があったので、それを1週間ほど勉強してからこのテキストを始めましたが、初めからこのテキストでスタートしても問題ないと思います。模擬試験の問題もよくできていて、本番でも全く戸惑うことなく試験に臨むことができました。

できるWindows 10 改訂2版

(無料電話サポート付)できるWindows 10 改訂2版 (できるシリーズ)

(無料電話サポート付)できるWindows 10 改訂2版 (できるシリーズ)



ほとんどのページに「HINT」「Point」「間違った場合は」などが記載されていて参考になりましたこの価格でこの内容なら初心者から中級者まで、内容によっては上級者の方もあ。と思うこともあるかもしれません。

コンピューター&テクノロジー解体新書 ビジュアル版

コンピューター&テクノロジー解体新書 ビジュアル版

コンピューター&テクノロジー解体新書 ビジュアル版



2015年初頭までの情報で書かれているので最新が気になる人には物足りないかもしれないです。(外国語で出版されたものを日本語訳しているのでこちらは仕方ないです。技術英語の日本語訳は難しいのです。

基本情報技術者パーフェクトラーニング過去問題集 平成28年度<秋期>



とてもわかりやすい解説。その問題の解説だけではなく、前提知識などもまとめて一問ごとに書いてあるので、解説がわかりにくくてつっかえることがない。気持ちよく勉強できる。