毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

10月7日のコミックの人気書籍!

3月のライオン 12 March comes in like a lion (YOUNG ANIMAL COMICS)



今回はほっこりした話が多くてよかったです。あかりのお相手候補は、ラストで2人に絞られたってことでいいのかな?これからあの三人にどんなドラマが繰り広げられるのか楽しみです。

君に届け 27 (マーガレットコミックス)



大事な決心を爽子に言わせてあげるために、観覧車というシチュエーションを選んだ風早はさすがいい男だ。爽子も泣き出してしまってよほど嬉しかったんだろう。くれまでぐずぐずぐずぐずしてたけど、どうにか道筋が付きそうじゃないの。

3月のライオン 西尾維新コラボ小説付き特装版 12 (ヤングアニマルコミックス)



前半は、藤本vs土橋の舞台、鹿児島で零&三姉妹の旅行をからめてギャグ多目な感じ水着だと零を意識してしまうひなちゃんが、何故か浴衣だと平気な点は謎のまま将棋でも私生活でも修羅場な藤本棋竜に笑わせてもらいました(少し気になったのが、序盤で元気な一砂さんが、中盤で潰れているのが??)。後半は、零vs滑川の真剣勝負、将棋に詳しかったらもっと楽しめそうなんですが、滑川のでたらめな強さ、ってのが素人には解りづらい。それと滑川さんがプールで歌っているのは西尾維新さんの化物語アニソンの替え歌では?こんなところでコラボしているなんて...(残念ながらコラボ小説の方はいまいちでしたが)滑川さんの不気味さが、表情でも(以下略。

宇宙兄弟 29 (モーニングKC)

宇宙兄弟(29) (モーニング KC)

宇宙兄弟(29) (モーニング KC)



宇宙兄弟が素晴らしい所は、宇宙という遠く離れた空間にいるということをリアルに感じられること。あたかも自分もムッタと一緒に宇宙に飛び立ったような錯覚に陥られること。それは宇宙に関してのマニアックな知識とかじゃなくて、「きっと宇宙に行ったらこんな気持ちになるんだろうな」とか「自分は今地球に居ないんだ」っていう心理や感情が凄く上手く絵に出来ている点だと思っている。



俺物語!! 13 (マーガレットコミックス)

俺物語!! 13 (マーガレットコミックス)

俺物語!! 13 (マーガレットコミックス)



大和の「ちょっとくらい親に言えないことがあってもいいよ」は名言だった……。可愛すぎる。ただ、以前作者様が言ってらした、「砂川も恋をします」はどこに(T_T)砂川くんのお相手とか知りたかったなぁ。

東京喰種:re 8 (ヤングジャンプコミックス)



あの人は、最初からこうなる事を想定して戦っていたのかと思うと、胸が切なくなりました。次巻にかけて、六月とニムラの動向が気になります。そろそろ、あの黒くて大きい人にも活躍して欲しいなあと思いました。

椿町ロンリープラネット 5 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 5 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 5 (マーガレットコミックス)



おー。おー。おーー。

BILLY BAT 20 (モーニングKC)

BILLY BAT(20)<完> (モーニング KC)

BILLY BAT(20)<完> (モーニング KC)



ビリーバットの全体の底辺にあるテーマの答え、のヒントを提供する巻。解釈は読者次第です。「正しい答えはこうだ」という人がいたなら、私は問おう。

スキップ・ビート! 39 (花とゆめCOMICS)

スキップ・ビート! 39 (花とゆめCOMICS)

スキップ・ビート! 39 (花とゆめCOMICS)



いつも展開に笑ったりハラハラしたりですが、今回は根本に迫るシリアスでした。面白かった。

虹色デイズ 13 (マーガレットコミックス)

虹色デイズ 13 (マーガレットコミックス)

虹色デイズ 13 (マーガレットコミックス)



終始ニヤニヤしました。なつきはいつも通りドジっぽいし、小早川さんはかわいいし、ちゃっかりつよぽん達いちゃついてるし(つよぽんイケメン)、いつも通りまりちゃんはまっつんにそっけないし。

宝石の国 6 (アフタヌーン)

宝石の国(6) (アフタヌーンKC)

宝石の国(6) (アフタヌーンKC)



前回の冬が印象深かっただけに、もう次の冬が来ようとしているのか、と思いました。でも同じ冬ではないんですね。衰えない宝石の体をもっていても、フォスはどんどん変わっていく(物理的にも、ごくり)。

コウノドリ 15 (モーニングKC)

コウノドリ(15) (モーニング KC)

コウノドリ(15) (モーニング KC)



命の尊さって 言葉では簡単に言えるけど、物語として読んで理解するのは、コウノドリが一番だと思う。ドラマをみてから本を大人買いして集めています。周りにも勧めています。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第200巻 40周年だよ全員集合の巻 (ジャンプコミックス)



本作も今まで通り、楽しませてくれます。フータロー達を連れて他人のカードで高級レストランでの食事、商店街の人達を連れてドバイ旅行は志ん生の落語みたいで痛快です。夏春都さんの旦那さんの形見である軍用時計を直す人情話、ITベンチャーの社長みたいな小学生とのやり取りも面白い。

風光る 39 (flowersフラワーコミックス)

風光る 39 (フラワーコミックス)

風光る 39 (フラワーコミックス)



新選組にとって、慶応四年が明けて4月までが1番苦しい時期だと思う。戦死、病死、離脱、瓦解…。でもここを描かないとこれまでの華々しいまでの勢いがなぜ急速に衰えたのかわかってもらえない。

つばさとホタル 8 (りぼんマスコットコミックス)



少女漫画で当て馬男子がよく言う「〇〇を好きなままでいいから俺とつきあって。」的なセリフにつばさがどう返事をするのか?というのが気になりましたが、つばさらしい返答で安心しました。

Spotted Flower 2

Spotted Flower 2 (楽園コミックス)

Spotted Flower 2 (楽園コミックス)



ホンモノのおっぱいと偽物のおっぱいの描き分けがすごいあとこの漫画、登場人物に名前がないから某漫画のキャラで言うと矢島さん(細)と波戸君(改)が幸せそうで良かった。