読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

10月15日のコミックはこちらもオススメ!

田中くんはいつもけだるげ 7 (ガンガンコミックスONLINE)



後半に宮野姉弟が出てきて、田中君が知らんぷりしようとするあたりから面白くなります。

エンジェル・ハート 2ndシーズン 14 (ゼノンコミックス)



カラスの話は前巻では全く興味がなかったけど、これは切らないで1話で読むべき作品なんでしょうねー。頁数の関係で仕方ないんだろうけど、短めの話はそのまま読みたいな。香が助けた女の子の話はストーリーも出てきた顔ぶれも好き。

あまんちゅ! 11 (BLADE COMICS)

あまんちゅ! 11 (BLADE COMICS)

あまんちゅ! 11 (BLADE COMICS)



自分は男ですが、この独特な世界観には毎度の事ながらとても惹き込まれます。読み終わった後には、今を見つめ直したり、これからの自分への可能性を見出だせる気がしますね。まだまだ色々な発見があったり、成長出来るんだ~みたいな。

とつくにの少女 2 (BLADE COMICS)

とつくにの少女 2 (BLADE COMICS)

とつくにの少女 2 (BLADE COMICS)



 幼い少女シーヴァと呪われて黒い異形となった「せんせ」、暗い森の中で暮らす二人のダークファンタジー。ある夜、家に侵入してシーヴァに触れた「外の者」。なんとかそれを撃退した「せんせ」だが、このままだとシーヴァが自分のようになってしまう恐れがある。



つばさとホタル 8 (りぼんマスコットコミックス)



鳥羽ああああ。。

ニーチェ先生 6 コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた (MFコミックス ジーンシリーズ)



4巻で初登場した宇井さんがまたでてきます。ニーチェ先生の出番が減った気はしますが、その分サブキャラのクセや切れ味も増えてきました。個人的には良かったです。

即席ビジンのつくりかた (ワイドKC)

即席ビジンのつくりかた (ワイドKC)

即席ビジンのつくりかた (ワイドKC)



今週すごい仕事が忙しくて、少しでもストレス発散できればと購入した1冊でしたが、いや~、リフレッシュできた。 爆笑。

夜桜四重奏 19 (月刊少年シリウス)



手短に。ずっと水面下で燻ぶらせてた火種がついに燃え始めたって感じの今巻。

PEACE MAKER鐵 11 (MGC Beat's SERIES)



ついに、ついに、ここまで来てしまったか。読み始めたのは小学生の頃。何気なく本屋で見かけた表紙に惹かれて集めたことを思い出す。

なまいきざかり。 8 (花とゆめCOMICS)

なまいきざかり。 8 (花とゆめCOMICS)

なまいきざかり。 8 (花とゆめCOMICS)



デートしたり、家に行ったり、少しずつ二人幸せに進展があって読みながらキュンキュンします。早く次が読みたい❗。

重版出来! 8 (ビッグコミックス)

重版出来! 8 (ビッグコミックス)

重版出来! 8 (ビッグコミックス)



この巻は、中田伯「ピーヴ遷移」(どんな作品なのでしょうか?)単行本売り出しをめぐるエピソードが中心です。それに、中田の生き別れた両親との関係がからみます。中田の作品が具体的には出て来ないのに、いろいろ想像が膨らむ描き方はうまいと思いました。

BTOOOM! 21 (BUNCH COMICS)

BTOOOM! 21 (BUNCH COMICS)

BTOOOM! 21 (BUNCH COMICS)



 シュヴァーリッツ財団の総帥を迎えて爆殺ゲームを披露するティラノスジャパン本社で、ゲームシステムの掌握と停止を目指す飯田。そして島では坂本とヒミコが辱められているところへ吉良が襲来、ヒミコを人質にして坂本に迎撃させる吉岡。どちらも戦力ギリギリ、重苦しくも白熱する二つの戦いが併走する21巻。

黒子のバスケReplace PLUS 4 緑間真太郎氏の極めて不幸な一日 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ Replace PLUS 4 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ Replace PLUS 4 (ジャンプコミックス)

ヴィンランド・サガ 18 (アフタヌーンKC)



トルケルとフローキがまさかの再登場。トルケルはあのままフェードアウトするには惜しいキャラだったのでもう一度暴れさせてくれるなら今後が楽しみです。この巻ではトルフィンとフローキに対して展開する寸劇が笑えます。

87 CLOCKERS 9 (ヤングジャンプコミックス)



若い時間をかけて、OCの記録更新を図ります。最後にお楽しみがあって、いつの間にか何かが達成されてしまいます。

センゴク権兵衛 3 (ヤングマガジン)

センゴク権兵衛(3) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク権兵衛(3) (ヤンマガKCスペシャル)



湯川党との山岳戦。こういう部隊単位の局地戦を描かせたら、『センゴク』シリーズに勝るものはありません。