毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

10月18日のビジネス・経済の人気書籍!

住友銀行秘史

住友銀行秘史

住友銀行秘史



バブル時代の住友銀行はここまでひどかったのか、という点、および一中堅幹部だった國重氏がここまで暗躍(良い意味だが)できる余地があったのか、というのがこの時代東京系の「都銀」に勤務していた私に取って驚きである。ただ、ITバブルもサブプライムバブルもそうだが、バブルは人を狂わせるのだろうな。おかしいと思っていても短期的な業績のプレッシャーに負けてしまうことも多いだろうし。

FXらくらくトレード新入門

FXらくらくトレード新入門

FXらくらくトレード新入門



自己流のFXで負け続けていて、本くらい読もうかと思ったのですが、難しい本を読む気にもなれず。。

やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける



様々な分野において一流になり偉大な功績をおさめるために必要なのは才能ではない、最大限の粘り強さを発揮して努力し続けること=やり抜く力である。やり抜く力を持っている人に共通する思考は・最上位の目標・中位・下位の目標が具体的で互いに一致している。

不動産投資は地方の高利回り物件を狙いなさい いま購入するなら非公開の埋蔵物件が断然おトク!



「学力」の経済学

「学力」の経済学

「学力」の経済学



 子育て経験があればもとより、子どもがいない人でも、自分自身の体験があるから教育論は誰にでも述べることができ、まさに百家争鳴。だが肝心なのは「その主張が(単なる成功体験や主観でなく)統計データで裏付けられているか」である。

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 (講談社+α新書)



日本経済が悪い⇒増税しかないと不景気を盾に報道されるその裏側Q&Aによる日本国内の財政の仕組みと報道されている嘘とその実態EUや中国等との比較等飽きさせない構成将来の展望はどうであれ事実ならかなり面白い内容かと。

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活



今まで「投資」と聞くと、リスクが高そうなイメージしかありませんでしたが、こういう投資のやり方があったと知り、驚きました。さまざまな金融商品に関する話もあり、勉強になりました。

最強の働き方 世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓 新人からベテランまですべての段階で差をつける



当り前のこと、これを全部実践したら良くなるだろうなというようなことがたくさん書いてあります。ただそれをしたかといって一流ビジネスマンになれるかな?という疑問は頭をよぎりますわかりやすいことが書いてあってスラスラ読めるので純粋にいい本だなと思い高評価です。

鋼のメンタル (新潮新書)

鋼のメンタル (新潮新書)

鋼のメンタル (新潮新書)



第2章には、キートンの映画の話がでてきますし、第3章には、映画「夜と霧」のこと、また第4章「精神の解毒法」の中では「百年後の世界から自分を見てみよう」というところに、フェリーニの映画のこと、それらから学んだことが書かれていて興味深かったです。著者の経験した様々なプロセスが、具体的に語られているので、励まされました。これだけマスコミに叩かれている著者の言葉だから、心に響きます。

株式会社の終焉

株式会社の終焉

株式会社の終焉



資本主義および株式会社は成長を前提としたシステムであるが、限界が来ている。成長を前提としないシステムに移行すべきであるという話だと理解しました現段階では成長の足を止める=負けを意味するので首肯しがたいですが数十年後にはもしかしたら現実になっているかもしれませんね。

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力



人の集中力は、前頭葉から生まれる”ウィルパワー”によって左右されるそうです。この本を読むまで、集中力は生まれ持って決められている能力だと思っていましたが、訓練と工夫次第で高められるとわかりました。

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)



左遷されたサラリーマンが、どん底から這い上がっていく、読んでいて気持ちがいい作品でした。最後の感動場面もよかった。

嫌われる勇気 (自己啓発の源流「アドラー」の教え)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え



「私は、過去にまったくの畑違いの職場に異動となり、これまで築いたキャリアもご破産、周囲の目も厳しく、応援も得られず孤立したので、やがて心身ともに悲鳴を上げ、2回の休職を繰り返してしまいました。それは辛い日々でした。」。

会社四季報業界地図 2017年版

「会社四季報」業界地図 2017年版

「会社四季報」業界地図 2017年版



毎年買って、営業活動に役立ってます。電子版になって更に便利になりました。

人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)



現在の日本は人口減少局面になって、非常に悲観的な論評が多くなってきています。しかし、この本はそのなことで悲観的になってはだめだと言ってくれています。その点は非常に心強いです。

【増補改訂】 財務3表一体理解法 増補改訂 (朝日新書)

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)