読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

10月19日の社会・政治の人気書籍!

社会・政治 2016年10月 人気書籍

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)



トッド氏の所説を概観するに好適の書。特に氏の方法論を解説する第3章は白眉。

水がエネルギーになる日。 CO2ゼロ計画

CO2ゼロ計画 水がエネルギーになる日。

CO2ゼロ計画 水がエネルギーになる日。

グローバリズム以後 アメリカ帝国の失墜と日本の運命 (朝日新書)



本書は、1998年から2016年まで18年間の、トッド氏へのインタビューをまとめたものだ。トッドのことを知る人にとっては、大胆なタイトルと感じるだろうが、その内容はタイトルに沿ったものになっている―「1998年と2016年の間に私たちは、グローバリゼーションが国を乗り越えるという思想的な夢が絶頂に上り詰め、そして墜落していくのを経験したのです」(P5)。

ようやく「日本の世紀」がやってきた 今、世界で何が起こっているか (WAC BUNKO)



日下公人先生の近著では、渡部昇一先生との対談本が記憶に新しいところです。本書も、元駐ウクライナ大使兼モルドバ大使、元防衛大学校教授であられた馬渕睦夫先生との対談をまとめた読み応えのある一冊となっています。



人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)



人口の増減と、経済の関係性を過去の統計等、数値を用いて分かりやすく紹介している本特に、人口減が日本の将来をダメにすると考えている方に一度読んでいただきたい。

失敗の本質 日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)



この書は、ミッドウェー戦やガダルカナル戦など大戦中の6つのケーススタディーを通して、日本軍の組織的な敗北に迫るものであるが、本書を通して、読者は奇妙な既視感に陥るだろう。「そうだ、あの頃と何も変わってはいないではないか」と。

ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock Her Up!

ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock? Her Up !? ロック ハー アップ

ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock? Her Up !? ロック ハー アップ



書店で並ぶトランプ本の中でもひときわ目立つ装丁の通りの中身、内容です。

山口組顧問弁護士 (角川新書)

山口組 顧問弁護士 (角川新書)

山口組 顧問弁護士 (角川新書)

いま世界の哲学者が考えていること

いま世界の哲学者が考えていること

いま世界の哲学者が考えていること



哲学には明るくないのですが、そんな私にも本書はわかりやすかったです。現代哲学の流れを紹介つつつ、いま、世界で問題となっているテーマに切り込みます。

日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか (朝日新書)



社会学者である著者が、日本の歴史を振り返り、革命の唯一の成功例と称してある人物を挙げ、そこから成功の論理を抽出し、それをこれからの日本に生かそうという試みです。総じて快調に進みます。

殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件 (新潮文庫)

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)



桶川ストーカー事件の本を読んで、「こんな話が実際にあるのか」という傍若無人な犯人の行動と、そして何よりも保身のみを考えて被害者や家族の訴えを封殺した栃木警察に愕然とした。ジャーナリズムは死んだと言われ、新聞もテレビも右から左へ情報を受け流すだけのメールボックスのようになってしまった今、清水潔さんのような義憤に駆り立てられ、国家権力をものともせず、真実に向かって立ち向かっていく記者がいることにも、大きな感動を覚えた。

京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域 (宝島SUGOI文庫)

京都の裏社会 (宝島SUGOI文庫)

京都の裏社会 (宝島SUGOI文庫)

地方創生大全

地方創生大全

地方創生大全



自治体の職員には、読んでもらいたい。お金がない自治体こそ、行政計画策定予算の獲得に躍起になるのでは無く、これを読んでからきちんと政策を作るべき。

最新世界情勢地図 増補改訂版

増補改訂版 最新 世界情勢地図

増補改訂版 最新 世界情勢地図

JAPAN CLASS ニッポンばっかり、ズルいって! のべ571人の外国人のコメントから浮かび上がる日本

JAPAN CLASSニッポンばっかり、ズルいって!

JAPAN CLASSニッポンばっかり、ズルいって!

ニュースで伝えられない日本の真相

ニュースで伝えられない 日本の真相

ニュースで伝えられない 日本の真相



読めます。なにせページ上1/4が余白ですからw。(こんなんなら文庫サイズでイケんちゃうの?)列べた時のサイズ感重視なら薄くした方がよかった。