読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

10月24日の小説・文学の人気書籍!

コンビニ人間

コンビニ人間

コンビニ人間



「ちょっと変わった」感性の持ち主が主人公。コンビニの仕事描写は、仕事柄無関係ではないので読んでいて面白かった。お客さんの動向を先読みする、商品を売るために身についた観察眼は、立派な「プロ」コンビニ店員として認められるべきものだと思う。

朝日は今日も腹黒い (変見自在)

変見自在 朝日は今日も腹黒い

変見自在 朝日は今日も腹黒い



私も時々読んでいる週刊新潮の連載コラムだが、こうして一挙に目にすると、またひときわ醍醐味がある。「産経風情が朝日に楯突く気か」「産経など潰してやる」と罵った朝日新聞学芸部長。朝日記者の傲慢な思い上がりがこの一言に表れていることが、誰にでも伝わるだろう・・・。

十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち



SFから歴史小説と傑作を生み出してきた著者による初のミステリということで,早速購入し一気読みした.自殺を望んで集まった12人の子ども達が,クローズドサークルで延々と議論を続けるというケレン味のない真っ向勝負の本格である.地味な設定であるが,登場人物の書き分けもうまく,二転三転する推理も飽きさせない.「十二人の怒れる男」に比肩し得る収穫といえる.。

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに



泣けて泣けてたまらなく辛かった。私も会いたい人がいます。



君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい



少し独特な考え方をする男の子と病気の女の子の話 。あらすじは、家族以外には病気を明かしていない女の子が偶然男の子にばれてしまい、その男の子とともに最後の日々を過ごしてゆくという作品です。

危険なビーナス

危険なビーナス

危険なビーナス



最近の作品は、言葉の構成、物語が理路整然と『作られている』印象でした。 もともと東野圭吾さんの作品は好きなものが多くたくさん読みましたが、ラプラス、人魚の---と、面白いけど話が真っ直ぐに進んでいき、物足りない印象がありました。 しかし、『危険なビーナス』は久しぶりに土台ごとひっくり返すような、昔の『回廊亭事件』のような大胆な作品でありました。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷



最近の恩田陸さんの作品は物語の収め方がなんとなくお粗末で読後感がよくないと感じていました。しかし、今回は違います。終始恩田さんの筆力がキレッキレです。

煽動者

煽動者

煽動者

MONKEY vol.10(2016FALL/WINTER) 特集映画を夢みて



西川美和の小説「我が心のデルフィーヌ」が良かったです。映画監督の夫と、映画配給会社にいた妻の話しです。

虚実妖怪百物語 序 (KWAI BOOKS)

虚実妖怪百物語 序 (怪BOOKS)

虚実妖怪百物語 序 (怪BOOKS)

小説BOC 3(2016年秋)

小説 - BOC - 3

小説 - BOC - 3

犯罪小説集

犯罪小説集

犯罪小説集

終わった人

終わった人

終わった人



わたしは50代前半で定年まで10年程ある。そのせいか、定年後の準備の大切さ、心構えに関する記事が目に入ることが多い。自分の親からも同じようなアドバイスを受けるようになった。

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた



読書が苦手な私でもスラスラと一気に読めました。主人公の「自分はかしこい」という小学生の少女が、学校で出されたテーマ【幸せとは?】という問いを考える作品。

陸王

陸王

陸王



いつも資金繰りに追われる中小企業の足袋製造メーカー。でもそこに働く従業員は心優しい人ばかり。ジリ貧脱却のため新規事業のランニングシューズ製造に参入。

継続捜査ゼミ

継続捜査ゼミ

継続捜査ゼミ