読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

10月26日のビジネス・経済はこちらもオススメ!

銀行業務検定試験問題解説集法務3級 2016年10月受験用

銀行業務検定試験 法務3級問題解説集〈2016年10月受験用〉

銀行業務検定試験 法務3級問題解説集〈2016年10月受験用〉

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版



私事だが、転職した先の会社で先輩に勧められ読もうと思い立った。新しい会社で、新参者である私が、年上の後輩を動かすということは、とてつもない困難がつきまとい、日々暗中模索をしていた。この本を読んでからは、相手の気持ちに立ち、相手が望むものを提供してあげることだと常に意識することで諸々の関係がしだいに改善していった。

みんなが欲しかった簿記の教科書日商3級商業簿記 第4版

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第4版 (みんなが欲しかったシリーズ)

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第4版 (みんなが欲しかったシリーズ)



”簿記の教科書”だが、いわゆる「教科書」だと、重要なところと重要でないところをメリハリなく書いてあるだけ。試験範囲は網羅するし、正しいことが書いてあるのだけど…正直、読むだけで苦痛になる。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門



マーケティングの、恐らくごく初歩的知識であるにせよ、学ぶことができてとても有意義です。それ以上に、著者のモチベーションの源泉が、一番最後の部分で包み隠さず語られていることが出色です。それは、阪神淡路大震災で目の当たりにした風景であり、その時に魂に焼き付いた死生観であったという。



なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?

なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?



税理士をしていますが、経理の初級者がわかりやすく学べる会計の本を探していてこの本を見つけました。最初はなんで会計の本がSFなの?と思いましたが、ちゃんとストーリーになっていて読みやすく、内容も基本的な部分を丁寧に説明しているのでこれから経理の仕事をする人や、財務の仕事をする人にいいと思います。また基本的な内容ですが会計の本質を深く掘り下げているので初級者だけでなく中級者にもいいんじゃないかと思いました。

スッキリわかる日商簿記2級商業簿記 第8版 (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第8版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)



TACの簿記は定評があり、講師も優れて良いです。本書は2級商業簿記の学習書ですが、要点だけ大変コンパクトによくまとめてあります。かえってまとまり過ぎて独学する方には慣れないかも知れません。

統計学が最強の学問である ビジネス編 データを利益に変える知恵とデザイン



実際のビジネス上で、どう分析を行っていくかが書かれていますちょうどいいデータが揃っていることは稀なのでどういう現場でも泥臭くデータを取って仮説を作る作業が中心になると思います。

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド



普段、研修や講義で意識的に実践していることを、わかりやすく言語化してくれていた。突飛な発想はないが、本来するべきことを手を抜かずに地道に繰り返すことの大切さを説いていた。Ted Talks のようなヒット企画でも、当初、テレビ局に放映を持ちかけたときは、「なにそれ?」と相手にもされなかったという話は、試行錯誤の海原を泳いでいる、あるいは溺れているイノベーターにとって、大きな希望となるだろう。

EU分裂、テロ頻発、南シナ海紛争… 世界大乱で連鎖崩壊する中国 日米に迫る激変



キャメロンは異様なほどの親中派という意味ではメルケルと同じですね。しかもパナマ文書で問題になっているため信用を失い結局英国はEUを離脱と言う事になった可能性もありますが、今後イタリアフランスもEUから離脱する可能性もあるそうです。今まで中国とドイツの経済、メディアが決して報道しない莫大な不良債権問題などを考えれば、EU離脱が正しいかどうかは不透明ですが、少なくともEUが分解すれば、小さな国だらけで弱体化しロシアが優位になるのは否定できませんね。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方



西野さんは本書を、既存のルールからハミだしたり、独立しようと思っている「圧倒的少数派に向けての」仕事&人生の攻略本として書いたという。自身の転機は『はねるのトびら』(フジテレビ)が毎週、視聴率20%をマークして、「瞬間最大風速が吹いていた」25歳のとき。

金融機関のためのサイバーセキュリティとBCPの実務

金融機関のためのサイバーセキュリティとBCPの実務

金融機関のためのサイバーセキュリティとBCPの実務

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)

沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿 (SB新書)



値段以上の価値があるか、値段と同じくらいの価値か、値段以下か。そういう観点で、この本を評価すると、値段よりずっと価値がある。鉄道マニアや、地下に異常に詳しい人はどうか知らないが、私のような一般人には、興味深く面白い内容のオンパレードだ。

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方



本書は、ミスが多いと感じている人だけでなく、社会人2・3年目の人におすすめです。社会人になり、仕事をしていると「メモをちゃんととれ」「やったことを見直せ」「報連相しろ」と先輩や上司に言われてきたと思います。また、仕事のハウツーで「チェックリスト」や「TODOリスト」なども活用するようになっているかもしれません。

大前研一 IoT革命 (「BBT×プレジデント」エグゼクティブセミナー選書)



大前氏が今話題のIoTをどのように捉え、分析しているかがよく分かった。IoTの概論本は多い。だが、大前氏だけでなく、インターネットの父と言われている村井純慶應義塾大学教授、ドイツのインダストリー4。

悪意とこだわりの演出術

悪意とこだわりの演出術

悪意とこだわりの演出術



水曜日のダウンタウン」や「クイズ☆タレント名鑑」などで知られるTBSのふざけたバラエティ番組を手がけるプロデューサーの著作。本人による自身の仕事を振り返るページや、こんな仕事を選んだわけ(比較的『でも、しか』ぽい感じでこの仕事を選んでいるのがいい。

図解頭のいい説明「すぐできる」コツ 今日、結果が出る!



内容は非常に分かりやすい。すぐに実践しやすい内容だし、納得できる部分も多い。読んで損は無いと思う。