読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

11月3日のビジネス・経済はこちらもオススメ!

ビジネス・経済 2016年11月 こちらもオススメ

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)



本書は、「思考」という言葉が題名に使われているとおり、私たちが物事を考え、頭の中でそれをまとめていく時に、どのようにすれば効果的なのか、というヒントを示したエッセイ風の読み物です。1983年発表ということで、まだコンピュータが一般に普及する前のことではありますが、コンピュータという記憶の塊のような機械の登場で、記憶に優れた人間が尊重される時代は終わると述べています。だから、「この本が、知ること、よりも、考えることに、重点おいてきている」のだそうです。

世界経済まさかの時代 (日経プレミアシリーズ)



想定外のことが起こることをテールリスクというらしいが、それを「まさか」という言葉であらわし、世界経済のリスクに警鐘を鳴らしている。黒田総裁が強く否定するヘリコプターマネーに日銀が接近している、まさかの危うさを指摘している点は注意すべきだ。日銀がヘリコプターマネーをやれば、バランスシートの破裂が起こるかもしれないのだ。

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)



前書きで示されている上司の素朴な質問は本を読み返すときに自分はどんなことを学んだのか、相手に合わせてどんな回答を考えればよいのかに役立つ。フィンテックに関連するさまざまな法改正の取り組みがあるので、復習のための質問をつけ加えるなら「こんなすばらしいサービスが今まで実現できなかったのはなぜだろうか?」を挙げる。このような質問は「20ドルテスト」と呼ぶ。

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版



人を動かそうとしても動かすことはできません。人が動くのは人間としての温かい心に感動した時です。この書は、そんな心あたたまる物語に満ちています。



経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権 (岩波新書 新赤版)

考える力がつく本 本、新聞、ネットの読み方、情報整理の「超」入門

どアホノミクスへ最後の通告

どアホノミクスへ 最後の通告

どアホノミクスへ 最後の通告

人生を面白くする本物の教養 (幻冬舎新書)



 わたしはこの種の書籍の読み方にはコツがあると思っています。一言で言えば、自分の参考になると思う部分は素直に取り入れ、反対の部分にはあまり目くじらを立てないという読み方です。

さあ、才能に目覚めよう あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



研修で使用。巷のありふれた、一見占いのような本かと思っていましたが、いい意味で裏切られた本。

低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論 (小学館新書)



「この本には、低欲望社会に対する処方箋が書いてない」という批判レビューが投稿されていますが、それは間違い。まず「まえがき」にこう書いてあります。

売らずに買われるネット通販 見違えるように人が集まる繁盛ショップのつくり方

財務3表図解分析法 (朝日新書)

財務3表図解分析法 (朝日新書)

財務3表図解分析法 (朝日新書)

合格するための過去問題集日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)



私は、コレを4周やって受かりました(笑)コレとマンガ系のテキストで充分です。

銀行業務検定試験問題解説集税務3級 2016年10月受験用

銀行業務検定試験 税務3級問題解説集〈2016年10月受験用〉

銀行業務検定試験 税務3級問題解説集〈2016年10月受験用〉

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

IoTの衝撃 競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー)

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)