読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

コミックジャンルでまだまだ推したい本!【11月8日】

コミック 2016年11月 こちらもオススメ

聲の形 1 (講談社コミックスマガジン SHONEN MAGAZINE COMICS)

聲の形(1) (講談社コミックス)

聲の形(1) (講談社コミックス)



私も聴覚障害があります。筆談の手間や周りの反応や状況があまりにもリアルで、小さい頃の状況が思い出され、泣きました。聴覚障害は別名[関係障害]とも言われます。

ドロヘドロ 21 (BIG COMICS IKKI)

ドロヘドロ 21 (BIC COMICS IKKI)

ドロヘドロ 21 (BIC COMICS IKKI)



僕はそろそろ終わって欲しい。ダラダラ続けないで欲しい。面白いだけにダラダラと続けるようなことにならないで欲しい。

ファイアパンチ 2 (ジャンプコミックス)

ファイアパンチ 2 (ジャンプコミックス)

ファイアパンチ 2 (ジャンプコミックス)



ジャンプ+の連載を追いながら読んでるものですが、。1話→この漫画メチャクチャ面白い。

ヴァニタスの手記 2 (ガンガンコミックスJOKER)



Spotted Flower 2

Spotted Flower 2

Spotted Flower 2



波戸くん(工事済)まで登場。まさしく、もうひとつのげんしけんといって間違いないですね。個人的にはスウが成長してる姿はげんしけんファンならおさえておかないといけないと思うのです。

深夜食堂 17 (オリジナルBIG COMICS SPECIAL)



相変わらず面白いです。海外でも人気という記事から、飛んできました。

ダーウィンズゲーム 10 (少年チャンピオン・コミックス)



デスゲーム系の中でも面白いダーウィンズゲームですが島の謎が明らかになって新たな敵が登場します。デスゲームの真骨頂ともいうべきハラハラする展開がめちゃめちゃ面白かったです。

聲の形 2 (講談社コミックスマガジン SHONEN MAGAZINE COMICS)

聲の形(2) (講談社コミックス)

聲の形(2) (講談社コミックス)



西宮さんはほとんど喋ることがありません。また手話も一言一句伝えることは不可能なので気持ちを相手に伝えるということが必然的に難しくなります。

山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記 7 (イブニングKC)



山賊ダイアリー、いつも楽しく読んでいるので最終巻は寂しいです。私は実家が養豚業もしていたので、食べる事は殺す事でもあること、それに向き合う事なく生きて行ける生活の不自然さを時々考えます。作者は食べる事や狩猟を通じて、現代に染まりすぎた私を少しチューニングしてくれます。

3×3EYES幻獣の森の遭難者 4 (ヤングマガジン)



すごく読みにくい濃い内容にはなってますが話がぐるぐる回って回りくどく出来ているようにわたしは感じました。そもそも発音する術がくどい・・・。

バイオーグ・トリニティ 10 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)



とにかく面白かったです。話はややこしくなってきましたが、その分読み応えがあります。終わりが近づいていることもあり、謎が明かされていきます。

聲の形 3 (講談社コミックスマガジン SHONEN MAGAZINE COMICS)

聲の形(3) (講談社コミックス)

聲の形(3) (講談社コミックス)



石田君もある種の生き辛さを抱えて生きているのではと感じる。他人の気持ちを想像する事が苦手なところや、逆に言葉どうりに受け止めてしまうところ、いつも片方ズボンからはみ出しているシャツ等から、何と無く思い浮かぶ言葉がある。母親もかつての担任教師も知っている。

聲の形 4 (講談社コミックスマガジン SHONEN MAGAZINE COMICS)

聲の形(4) (講談社コミックス)

聲の形(4) (講談社コミックス)



(1巻から7巻まで読んだ感想です。ネタバレしたくないのでストーリーには踏み込みません)。 私もいじめられっ子でした。

聲の形 7 (講談社コミックスマガジン SHONEN MAGAZINE COMICS)

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)



一巻から二巻までは結構高評価みたいですが、中弛みのある作品だ、と言われているようです。でも、その中弛みこそが、彼らの成長であり再生の時間なんだと思います。互いに傷つけるときは本気で傷つけます。

BILLY BAT 20 (モーニングKC)

BILLY BAT(20)<完> (モーニング KC)

BILLY BAT(20)<完> (モーニング KC)



5★は完結した物語全体に対してのものです。謎解きという意味では、前巻まででほぼ全容が明らかになっていました。あとは、この作品全体のテーマを明確にするのが、この20巻目の位置付けだったのだと思います。