読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

小説・文学ジャンルで今読まれてる人気の本はコレです!【11月9日】

小説・文学 2016年11月 人気書籍

恋のゴンドラ

恋のゴンドラ

恋のゴンドラ



帯の通り、引き込まれて一気読みでした。キャラが立っているし、ちょっと驚く展開もたくさんあるし、好感度の高いキャラクターが生き生きしていて、幸せを願わずにはいられなかったです。物悲しい話や、続きが気になるものもありますが、笑えた印象が強いです。

夜行

夜行

夜行



語り継がれていく話の共通点,語る側の関係性は,解けない結び目になってしまうと,より大きな物語を見つけてしまうことになる。百物語とはまた違った怖さとして感じられるその形は,森見登美彦さんの着実で静かなトーンに導かれて,踏み越えていきます。そこに現れる情景は,他人事のはずなのに,自身のように感じられるのもまた,地続きの『夜行』の暗い一面のように思えます。

コンビニ人間

コンビニ人間

コンビニ人間



名前を持たない父や母。ミホとかサユリとか音だけで認識されている友人。どこかもわからない実家や地元。

天子蒙塵 第1巻

天子蒙塵 第一巻

天子蒙塵 第一巻



君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい



レビュー通り高評価、低評価に分かれる作品だと思います。個人的にはオススメの一冊です。ストーリーは面白く、全体的に読みやすい小説でした。

虚実妖怪百物語 破 (KWAI BOOKS)

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)

虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)

虚実妖怪百物語 急 (KWAI BOOKS)

虚実妖怪百物語 急 (怪BOOKS)

虚実妖怪百物語 急 (怪BOOKS)



久しぶりに大笑いいたしました。こういう本が読める日本って、いいなぁ。最後の方の戦闘じゃないけどそれらしい場面、ビジュアル化してほしいですが、いろいろ権利の関係で無理なんだろうなと思いながら笑って読んでました。

虚実妖怪百物語 序 (KWAI BOOKS)

虚実妖怪百物語 序 (怪BOOKS)

虚実妖怪百物語 序 (怪BOOKS)

黒い巨塔 最高裁判所

黒い巨塔 最高裁判所

黒い巨塔 最高裁判所



この書籍は,裁判所という閉鎖社会の内側を熟知した筆者ならではのリアリティ溢れる権力小説です。ラットレース,権力腐敗という読者を意識したわかりやすいテーマや,司法社会で地獄を見させられた筆者の筋金入りの裁判所批判精神が文章に余すことなく生きていることから,読み始めは裁判所への反感を煽ること,権力腐敗を描くことに重点を置いているのかな,と思ってしまいました。しかし,実相はそうではないと思います。

危険なビーナス

危険なビーナス

危険なビーナス



医学や数学の薀蓄を横糸に、獣医伯朗の生活と推理を縦糸に、愉しいミステリが織りなされています。謎が解けていく展開の巧さ、女性の魅力的な描写、意外な結末など熟練の技が光ります。とはいえ動機や真相に釈然としないものもあり、星4つにとどめます。

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた



幸せとは何でしょうか。私たちは、分かっているようではっきりと分かっていないのではないでしょうか。同じように、正義や善悪など抽象的なものほど、よく考えるとはっきり説明出来なかったことに気づかされます。

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業



素晴らしい内容。是非とも、第二弾で近年の様子も。

リーチ先生

リーチ先生

リーチ先生



日本に魅せられ、陶芸に魅せられ、ついにはイギリスに帰って窯を作り、作陶に励むとともに日本の陶芸をひろくヨーロッパに紹介した、バーナードリーチ。その足跡が、助手として長くリーチを助けた亀之介、そして亀之介の息子・高市の眼を通して綴られる。

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに



無理がなく、ジーンとくる。全体的にサラッとしていてとても読みやすい作品でした。登場人物の名前に特色があり、何か続きがあるを感じる雰囲気がありました。

さよなら妖精 新装版