読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

ビジネス・経済ジャンルで今読まれてる人気の本はコレです!【11月11日】

ビジネス・経済 2016年11月 人気書籍

住友銀行秘史

住友銀行秘史

住友銀行秘史



Kindleで読みましたが、なかなかスピード感のある小説でした。手帳のメモを基にしたというのも斬新。

やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける



GRITという言葉を知ったのは、数年前にまさに著者のTEDでのプレゼンを見たときだった。それ以来ずっとGRITという概念が気になっていた。というのも、ちょうど子供が小さくどのように子育てをしようか迷っていた時期であり、まさにこのやり抜く力というのを育てるのが親の使命ではないかと思ったからだ。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)



三上・・・馬上(今でいう電車のなか)、枕上(ちんじょう)、厠上(しじょう)三多・・・看多(多く本を読むこと)、做多(多く文をつくること)、商量多(多く工夫し、推敲すること)することで文章上達三カ条三中・・・無我夢中、散歩中、入浴中 の最中がいい考えが浮かぶ。このことばが印象的でした。日々意識して上記の時間を大切にしたいと思います。

世界のエリートがやっている最高の休息法 「脳科学×瞑想」で集中力が高まる



電車の壁広告でタイトルが気になり購入しました。簡単な小説仕立てで、読書慣れしていなくても、数時間で読み切れます。



はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活



漠然と投資をしてみたいと思ってはいたもののリスクがある、そしてハードルが高いものというイメージが先行して始められずにいました。でも、こんな時代だからこそ、単に投資は怖いなどとも言っていられないし、まだ先だけれど老後のことも考えると有効な方法であるのも事実。とはいえ、投資だけではどうも納得いかない。

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 (講談社+α新書)



多くの経済評論家、経済学者の本を読みますが、どれが本当のことを書いてあるのか判断するのが難しい、この本は論理的で矛盾がなく事実が書かれている数少ないほんの一冊だと思います、。

売らずに買われるネット通販 見違えるように人が集まる繁盛ショップのつくり方

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が"手遅れ"になる前に

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が?手遅れ?になる前に

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が?手遅れ?になる前に



脱出して3年ですが、、、私の経験からは良かったと思います。65歳まで会社の牢屋に入れられて、残るのは老いた残りの人生だけです。

ユーロ恐慌 欧州壊滅と日本 (Econo‐Globalists)



外国人投資家(米国ファンド)が米大統領選後に大暴落を仕掛けます。日本株の70%は外国人投資家が所有しています。米大統領選前に株を暴落させる訳にはいかない政治的理由があります。

最強の働き方 世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓 新人からベテランまですべての段階で差をつける



最強の働き方とは常に誠実にベストを尽くすこと。このシンプルな原則がよくわかる。

鋼のメンタル (新潮新書)

鋼のメンタル (新潮新書)

鋼のメンタル (新潮新書)



豆腐のメンタルの私。鋼のメンタルになりたくて読みました。内容は圧倒的説得力があり、読みやすかったです。

嫌われる勇気 (自己啓発の源流「アドラー」の教え)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え



「私は、過去にまったくの畑違いの職場に異動となり、これまで築いたキャリアもご破産、周囲の目も厳しく、応援も得られず孤立したので、やがて心身ともに悲鳴を上げ、2回の休職を繰り返してしまいました。それは辛い日々でした。」。

人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長 (中公新書)



一方的な悲観論や、近代以前に将来の社会モデルの可能性を託す『えせ歴史主義者』とは一線を画す本です。長期の統計や世界史に基づき、長期的視点から現代の経済状況の問題を、経済成長と人口、寿命をキーにして解説してくれます。超高齢化では世界の最先端である日本は、その意味で人類の実験場でもあるわけで、将来への不安に委縮するのではなくむしろ社会全体でイノベーションをまきおこし立ち向かう機会だ、というのが著者のメッセージだと思います。

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力



人の集中力は、前頭葉から生まれる”ウィルパワー”によって左右されるそうです。この本を読むまで、集中力は生まれ持って決められている能力だと思っていましたが、訓練と工夫次第で高められるとわかりました。

会社四季報業界地図 2017年版

「会社四季報」業界地図 2017年版

「会社四季報」業界地図 2017年版



株やってるやつにとっては聖書みたいなモノ。これなしには銘柄選びはままならない。

日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術



未来の技術だと思われていた自動運転やら通信技術それはもう目の前にせまっていますよーって感じの本です、中には摩訶不思議なのもありますが…しかし技術がどんどんあがっていきますねぇ…正直その技術が一般に浸透するころにはこの世にはいません長寿の技術…ほしいですね5000年くらいは生きて人類の技術、行く先を見ていきたいです。