読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

コミックジャンルで今読まれてる人気の本はコレです!【11月16日】

ONE PIECE 巻83 海賊「四皇」シャーロット・リンリン (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 83 (ジャンプコミックス)



普通に面白いじゃんこれを面白くないって思うならもうワンピース読まない方が良いと思うよ。

アルスラーン戦記 6 (講談社コミックスマガジン SHONEN MAGAZINE COMICS)



とうとう双刀将軍キシュワードが戦闘モードに。 ダリューンも良いですが、彼も格好良いです。

僕のヒーローアカデミア 11 始まりの終わり終わりの始まり (ジャンプコミックス)



泣かせる展開でした。オールマイトの秘密がばれちゃいますが、そこからオール・フォー・ワンを倒す展開は泣きました。No。

BLEACH 74 THE DEATH AND THE STRAWBERRY (ジャンプコミックス)



待望のBLEACH最終巻。ユーハバッハとの最終決戦、後日談が描かれています。以下ネタバレ注意 低評価の理由はあんなに持ち上げてきたラスボスがあんなにも呆気なく話にして3話で死ぬ、それも卍解大剣斬月からマトリョーシカのように旧斬月が出てきてそれに切られるというよくわからない展開からでしょう。



食戟のソーマ 21 遠月列車は行く (ジャンプコミックス)



薊編が長いので中だるみという声も聞こえてきますが、私としては楽しく読めています早く闇堕ちしたアノ人を完膚無きまでに叩きのめして欲しいので続きが早く読みたいですwえりなさんの心が雪解けしてきて生き生きしているのを見るとほっこりもします。セントラルの姑息な妨害を蹴散らす様は楽しく、スカっとしました(笑)ジャンプ漫画は10数年振りに読んでいますがいい漫画を読めていると感じます。レビュータイトルは、いわゆる少年ジャンプ編集部の鉈がいつ振り下ろされるのかが心配になっているせいですそう、「打ち切りEND」&「俺達の戦いはこれからだEND」という鉈を薊編が終わったくらいで振り下ろしてくるんじゃないか・・・・と(以下略。

プラチナエンド 4 (ジャンプコミックス)



ストーリー、作画ともにやはりクオリティー高いと思います。デスノートと比べたらとなりがちですが現在私が安心して楽しく読める数少ない連載作品のひとつです。

弱虫ペダル 47 (少年チャンピオン・コミックス)



たらたらと流れたインターハイやっとレースが動いて面白さが戻ってきました。もう買うのはやめようと思ってましたが、もう少し様子を見ようと思いました。

監獄学園 23 (ヤングマガジン)

監獄学園(23) (ヤンマガKCスペシャル)

監獄学園(23) (ヤンマガKCスペシャル)



他のレービューがきつすぎると思う。話が確かにすこし引っ張っている気がしているけど、ギャグが面白い、絵がセクシ、裏の話(理事長の)がすごすぎる、熊?かよー。あとこの漫画ーが深いストーリの為買ったわけでもないし、簡単に30分以内でエッチ系の漫画を読みたいのはぴったり。

銀魂 第66巻 天然パーマはグニャグニャ曲がっても戻ってくる (ジャンプコミックス)



 後から走り始めて、目の前にたくさんの背中が見え、気がついたら二人しかいない。銀爺さんはもうすぐ足を止めて休むことになりそうだし、ゴンじいさんは途中から消息不明になりそうだし、あと数年もしたらトップにいるのはルフィじいさん一人かも。

銀河英雄伝説 4 (ヤングジャンプコミックス)



 構成としては①第六次イゼルローン要塞攻防戦決着②帝都オーディンにおけるラインハルトをめぐる帝国宮廷陰謀劇の始まり③第三次ティアマト会戦 その前半  といったところ。 個人的な見どころは①の艦隊戦の最終段階でのラインハルトの動きと、それをめぐる帝国軍上層部の動きかな。

ふらいんぐうぃっち 5 (週刊少年マガジン)



ほのぼのまったり系のままですが、真琴の初仕事や、千夏の魔法など、ちょっとずつキャラクターを成長させているのも良いですね。魔法のアイテムとか今後どんなのが出かなと楽しみです。表紙のなおもちょっとセクシーで可愛いらしい。

聖☆おにいさん 13 (モーニングKC)

聖☆おにいさん(13) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(13) (モーニング KC)



 そういえば、ブッダとイエスが立川に降臨してから、何年経っているのでしょうか?もともとしっかり者のブッダとちょっと頼りないイエス、という設定でしたが、それがだんだん顕著になって、もはや「お母さん」と「息子」レベルになってしまったのには笑いました。(ブッダがイエスに対してだんだん聖母化しています) 今まで天界エピソードにだけ登場していた大物の方々が、なんと本巻では3人も降臨して来られました。必見です。

冒険王ビィト 13 真才牙覚醒!! (ジャンプコミックス)



10年の月日を経ての連載再開……。正直もう先は見られないと諦めかけていました。だから復活して本当に嬉しいです。

ウィッチクラフトワークス 10 (アフタヌーン)



アナログなクロノワールとデジタルなウィークエンドの話から始まり、過去の記憶の話で終わる10巻です。10巻では遂に火々里家の当主のエピソードに入ります。

応天の門 6 (BUNCH COMICS)

応天の門 6 (BUNCH COMICS)

応天の門 6 (BUNCH COMICS)



前巻、前々巻とドロドロした権力闘争が描かれていましたがこの巻ではその辺りは少し控えめな感じ。前巻から続きの唐美人のお話は唐の衰退が語られており、史実における道真の事績への伏線のようで興味深いです。

七つ屋志のぶの宝石匣 3 (KC Kiss)

七つ屋志のぶの宝石匣(3) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(3) (KC KISS)



「のだめ」からこの作者さんを知り、キャスト的には「のだめ」っぽい関係性はありますが、これはとても面白いと思います。私は元々石好きでしたが、これを見るとまた石好きが再燃してしまいそう(笑)鉱物展、やってるとこあるなら行ってみたい。こんなに面白い話なので続きが気になるんですが、また1年後まで待たなきゃいけないのかな・・・。