毎日更新。今最も読まれてるおすすめ本

レビュー付きで毎日、今売れてる人気書籍をランキング形式でお届けします。電子書籍も取り扱っております。

ビジネス・経済ジャンルでまだまだ推したい本!【11月19日】

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)



「乱読のセレンディピティ」に感銘を受け、著者のベストセラーであるこの一冊を手に取りました。人の思考がどういったものであるか。また、その思考をどう上手く活用するかを知るうえで貴重な指南書になる一冊であると思います。

世界経済まさかの時代 (日経プレミアシリーズ)



世界経済について知りたくて購入しました。勉強になりました。

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)



仕事に関連するものの、話についていけないからわかり易い入門書ないかなと思って手に取った本です。思っていた以上に分かりやすくて読み易い本です。フィンテックの考え方が昔からあったという歴史にも驚かされましたし、ターニングポイント毎に纏められている構成もありがたかったです。

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版



いままでハードカバーだったため、カバンにいれるにはかさばり、大事な箇所を手帳にかきぬいてもち歩いていました。今回、文庫版がでたので、読み返したい部分にコメントをペンで書き込んだりふせんをつけたりして、カバンに入れています。



経済学のすすめ 人文知と批判精神の復権 (岩波新書 新赤版)

考える力がつく本 本、新聞、ネットの読み方、情報整理の「超」入門



まず、ニュースのキーワードを理解しているかをチェックし、「自分がいかに物事を知らないか」を自己確認することからスタートすることが重要だ、というアドバイスは、役に立った。ニュースを読んだり聞いたりしても、よくわからず、曖昧なままに放置していることが、いかに多いかということに、気づかされた。そして、子供にもわかるように明快に説明するためには、かなり調べたり勉強したりする努力が必要なのだ、ということが、「週刊こどもニュース」を担当されていた池上さん自身の経験からも伝わってきた。

どアホノミクスへ最後の通告

どアホノミクスへ 最後の通告

どアホノミクスへ 最後の通告

人生を面白くする本物の教養 (幻冬舎新書)



教養の大切さを改めて実感する本。教養学部をなくす日本の大学の進路は大丈夫なのだろうか。日本のビジネスマンには圧倒的に教養が足りない、という問いかけに、私の職場を理解する一助になったような気がして、光をみたような気がしました。

さあ、才能に目覚めよう あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす



ストレングス・ファインダーは、200万人のインタビュー調査から、人間個々の資質にはパターンがあることを発見し、統計分析して作成されたツールです。指定のウェブサイト上で100個以上の質問に答えると、34通りに分類された強み(才能)の中から、自分にもっとも当てはまるトップ5の強みを見出してくれます。

低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論 (小学館新書)



「この本には、低欲望社会に対する処方箋が書いてない」という批判レビューが投稿されていますが、それは間違い。まず「まえがき」にこう書いてあります。

売らずに買われるネット通販 見違えるように人が集まる繁盛ショップのつくり方

財務3表図解分析法 (朝日新書)

財務3表図解分析法 (朝日新書)

財務3表図解分析法 (朝日新書)

合格するための過去問題集日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

合格するための過去問題集 日商簿記3級 '16年11月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)



分かりやすいです。使いやすいです。ポイントのまとめも付いていますし。

銀行業務検定試験問題解説集税務3級 2016年10月受験用

銀行業務検定試験 税務3級問題解説集〈2016年10月受験用〉

銀行業務検定試験 税務3級問題解説集〈2016年10月受験用〉

大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる

IoTの衝撃 競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー)

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)